結局なんでも練習。

昨日はファンデーション&様々なトピックについてのクラス後初のバーズクラス。

結局バーズなんだなあ、と改めて思いました。

アクセスは入会したり、何か資格を取ったりするものではなくて(businessするには要件がいるけど)やっぱり何処までも、ライフスタイルのご提案で、もっと楽(というとすーごく語弊があるようなないような)に生きるためのご提案なんだと思います。

はじめてバーズクラスを受けてから半年ちょっと。現実的に大富豪になっていたりしていないけど(笑)、目の前の現実を前にして、自分をjudgeするという最凶の自己虐待は確実に減っている。無駄づかいも減ったし、通勤は楽になった。
身体はますます正直になったし、いらないものは要らないし(どれだけ他人の欠乏や不安感を自分のものと勘違いしてることか)。

極端かもしれないけど、バーズはセッションを2~3回受けて様子見するくらいなら一度クラスを受けて、いくらでも安くやればいいと思っています。
気に入れば一生涯だし、飽きたらそれだけのこと。でも飽きるまでにやったバーズで取り去ったものは二度と自分に返らないし。
飽きようがコミットがなかろうが、ツールは機能するし。但し、練習はいるけど(これって何でも一緒)。

バーズもツールも簡単に色々変えてくれるけど、目の前の現実にくるまでに時間がいるときもある。
でもそのエネルギー的変化に気付かないとなんも変わらない、変わっていない!と結論付けて、変化を潰している気がする。
だから、問いかけ問いかけ⇒気づく⇒受けとる(自分の期待通りじゃなかったりすると無視しがち)なんだけど、これはけっこう大変な練習?!(と書いていて思ってしまった)。

だとしても

これよりいいことってどんなこと?

明日27日もバーズクラスやります。
詳細はこちらまで
ご興味あればご一報ください。

「私とは本当は何かを見る」会に行ってきました。

非二元やスピリチュアル関係の翻訳を多数手掛けている髙木悠鼓さんが開いている
「私とは本当は何かを見る」会に一年数か月ぶりに参加してきました。

一年数か月前はタロットもアクセスもやってなくて、というか本当にあんまりいろいろやるつもりもなかったころです。
あああ遠くまできたもんだよ。

※「私とは~」はイギリスの哲学者・ダグラス・ハーディング氏が開発したものです。
※ハーディング氏や「私とは本当は何かを見る」実験については、頭がない方法のページをご覧ください。

元々、私が非二元と髙木さんにきゃあきゃあ言い出したのは2010年頃。
全てのスピリチュアル系のワーク、ぜんぶなくなればいいよ!無駄だよ!に苛まれて大変だったころ、当時お世話になっていたストーンショップの方から紹介していただいたのが髙木さんの本でした。
もう知りたかったのはこれだよ!とえらくすっきりしたものです。
※その後、震災を契機に結局一切のスピリチュアル系ワークを一旦止めて、労働関係の仕事に戻ったんだけど、やっぱり好きだからまたやりはじめて今に至る。そんなもんだ。

で、久しぶりの実験でしたが。
おもったよりも変化がありました。

大嫌いな実験は嫌いじゃなくなり(嫌いな実験があった)
頭がない、そこにない、のないは本当にない、のないが
理解や情報ではなく

あーないわ、ないない。ないね、ない。

とぱーんと入ってきて面白かったです。

正直あんまり神秘っぽくはならないのですが。
ただ、モノを難しくしてみえなくしていたんだなあ、結局というのをつくづく感じました。

もし、世界が私、なら全てを創り出すのなんてできて当たり前でしょ、ということに身体とbeingが「だろー?」となった。

昨日、アクセスのabuseミニクラスに参加した後の続きでこういう本質ワークみたいなことをしたせいか、頭じゃないところで入ってくる体験をできた気がします。

スピリチュアルというジャンルにおいては、あんまりいろいろな手法やら教えやら考え方やらをミックスミックスするのはどうかと思うけれども(全部中途半端でどれも意味ないじゃん!みたくなるから。何事もしばらくやってみるなり、練習するなりは必要。)、迷いにするわけではなくて相互補足できる程度に遊びながらであれば、やっぱり体験や理解が進んだ気がする。

うーん、相性もよかったのかも。
だって、世界=私=無限の存在だからね。

=====
★アクセス・バーズ®1DAY講座に参加してみませんか?⇒次回日程は2月25日木曜日です。直前もお気軽にお問い合わせください。

★タロット・コンサルティングについてはこちらからご覧ください。

正しい問いとか間違った問いとか。

スッキリ感が売りの私のタロット。

スッキリするにあたって結構重要なのは
そもそもの問いが具体的であるとか、的確であるとか、わかりやすいとか
タロットに何を聞くか、どのように聞くか、が大事だと思っていた。
今でもそう思う。
思うけど、なんかそんなに大事っつーほど大事じゃないかもなあと
思う出来事が続いた。

先月末のタロットリーディング、そして先日のリーディング。
たまたまなのか、私の学びなのか。
クライアントさんがタロットでみてほしいものがこんなかんじだった。

「今年一年どうでしょうか?」
「3年後私どうなってる?5年後は?」(これっぽい方がふたり)
「詳細は言えないんだけど、あることが3年後どうなるかみてほしい」

最初はまだいい。普通の範囲。でも時間の制約で枚数を使う展開法は使えない状況。
2番目はたぶんタロットじゃないツールのほうが適切なきがする。しかし、今聞きたいのはそれ。
3番目はそれの実現の流れをみるわけでもなく、ただそれだけ。ご職業柄どうしても何も言えないんだと思われた。おまけにタロット占いなんぼのもんじゃい?という視点もはいっている(気がした。悪意じゃなくて)。

今までは、やっぱりクライアントさんにできる限り受け取っていただきたい思いもあったので、少しお話して、クライアントさんが聞きたいことを聞ける問いは何か、まで掘り下げていたのですが。

なんかそういうことがみょーに重くなる気もしてしまったので、もうそのまま行きました。
で、思いつくままに展開法を選び、叡智に従い(とか書くとかっこいいな)読みました。

これがまた、問題なかったんだわ。かなり私が一方的に読み続けるようなリーディングだったのだけどまったく問題なかったんだわ。読めたし。

みなさん、
「え、そんなになんも言ってなくてもわかるんだ?」「スッキリした」「かなり参考になった」「がんばります!」と満足していただけた。
まあその場だったので、お気遣いかもしれないけど。。。。

正しい?問いじゃなくても、事前情報がなくても
求める(問いかける)ことが大事なんだわなーと思いました。
そして、相手が欲しいだけ受け取るんだと。

問いの立て方によっては
もしかしたらもっともっと受け取れるかもしれないというのはあるかもだけど
正しいとか、間違っているはないな、つーかその時はその問いがいつでも最善なんだろうなと思った次第でした。

アクセスも問いかけ命ですが、結局問いかけないのが一番どうなんだ、という話で、まずは問いかけてみる!となっております。
ベテランさんのするようなセンスのいい問いかけしたい!と思いつつ、ベッタベタなのほどばかにできません。。。

問い、というアクセスのツールとして使い始めた今、改めて周りを見回すと、けっこうどこでも「問い」は大事!っていってるんだよねえ。

ただ、その質よりも問いかけるかどうかですな、まずは。

もちろん、研究開発とか事業戦略とかにおける仮説のような問いは。。。
正誤があるんじゃないか、と素人ながらに書きそうになったけど、やっぱりわからないよね。
当事者の望みや期待を叶える問いこそが、正しい、とどこまで言えるのか。
最初はまちがっちゃった!と思ったものから創られるなにかもあるものなあ。

=====
★アクセス・バーズ®1DAY講座に参加してみませんか?⇒次回日程は2月27日土曜日予定です。別日程もお気軽にお問い合わせください。

★タロット・コンサルティングについてはこちらからご覧ください。

アクセス的お金のワーク、その後。

アクセスのツールを使っていて面白いことはたくさんあります。

・レジで並ぶ時間短縮orすぐ空く
・駐車場が速攻みつかる
・電車で座れるようになる<これまえにもかいた

最近気が付いたのは

・無駄遣いが減った
・現金払いが増えた

です。もともと買い物大好きっこなのですけど
無駄(というかふわっと買い?)が激減しました。

ネットで買い物当たり前!なんですけど
ネットで買い物⇒クレジット決済
という長年の習慣が減った。

相変わらず買い物してますけどね、家計簿上は金額が激減してます。

アクセスのクラスでお金関係というのはほんとうに充実しています。
世界各地で結局お金なのか。。。orzと思う位。

私もいくつか受けたことがあります。
で、私の期待は収入増にあったのですけど(笑)、そっちじゃなくて
無駄遣いが減る方にでました。先に。

お金を持っていられる力、って案外大切で
お金=エネルギーとするならば
お金(的なエネルギー)が蓄積されている⇒お金(的なエネルギー)が集まる
ということのようです。

別に節約節約!なんてやってないので、ふわっとさせるものを徹底的にケアしただけです。
お金をたくさん遣えること=豊かである、お金持ちであると誤認御用している部分をケアしたのだろうな!

そして、やっぱりというかなんというか、効果にはっと気が付いたのは初めてお金のクラスに出てから約半年。
意識に現実がおいつかなくても、きにしないきにしない、ですな。

=====
★アクセス・バーズ®1DAY講座に参加してみませんか?⇒次回日程は2月27日日曜日予定です。お気軽にお問い合わせください。

The Foundationからの

1月末からアクセス・コンシャスネスのコアクラスといわれる「The Foundation」というクラスに参加し、その後同じファシリテーターのLiamさんによるMoneyクラスやHealingクラスに参加、アクセスの先輩(なんだそれは)とこってりギフレシして、加えてアクセスのワークのひとつである「Symphony Of Possibility」セッションを受けて、本日にいたります。

アクセスでは世界はEnergy Space Consciousnessでできているとしていますが、ほんとうにそこになげだされたかんじ。。。
過去を参照しないというより、できなくて、羅針盤が今の感覚しかつかえません。
いかに自分の人生で過去や周囲を参照してナビゲーションとしていたのかがよくわかる。

ので、毎週タロットもてをつけずにおりました。ははは。

いいのかわるいのかわからないけど、foundationを受けてアクセスから離れる人がけっこういる(とどっかできいた程度の情報ですが)というのはなんかなるほどとおもってしまった。
そうとうの納得感をもって、大丈夫という思いもありうるだろうし、こんなんやってられないよというのもありうるだろうし。

ただ、もしfoundationどうだったー?ときかれたら、是非おすすめするだろうな。
バーズクラスに参加してよかった!という人にも、バーズクラスに参加してモヤモヤする人にも。

しつこいけれど、過去や他者を参照しないでつくるって、こういうことなのか。とふとした瞬間よくおもうのです。
瞑想やクリアリングやもろもろすることで自分が求めるもの、他者にどう貢献したいかが明確になるというのは
それはそうだと改めて思う次第。びっくりするくらいに、じぶんのものなんてない。

だから選択で、だから問いかけるしかない、らしい。

2月のアクセス・バーズクラス、やります。

アクセス・バーズクラス、やります~。ぜひぜひご参加ください。

【日時】28年2月27日土曜日 9:30~18:30くらい

【場所】横浜市港北区大倉山
    東急東横線大倉山駅徒歩圏内
    ※お申し込み後ご案内いたします

【受講料】初受講:37,000円 再受講:18,500円
     ※テキスト・資料代、修了証含
     ※お支払は当日現金払いでお願いいたします。

お申込み・お問合せはこちらまで。

その他詳細はこちらよりご確認ください。

アクセス英文読みまくり。

受験生時代の時と同じくらい、大量に英文読んでます。毎日読んでる。
英語の動画コンテンツも毎日みてるなあ。通勤で英語も聞いてる。

アクセスの情報源はやっぱりまだまだ英語が多いんですよね~。

英語、かなり多いんです。激安に、もしくは無料で素敵な情報がガンガン手に入ります。これは珍しいんじゃないかなあ。出しすぎ(笑)。

クラスにいくと、ナマこその濃ゆーいエナジーにグラグラするしスペシャルもたくさんある(それがいいんだが)。が、一義的な情報は別にクラスじゃなくても手にできます。 問いかけとか、毎日やってみるワークとかね!

デインの動画は無料の数分に涙するほど。

何事も欲するって大事ですね。
必要はエナジーがないんだよね。
欲するはエナジーむんむんだ。だから、久しぶりに英語浸けになれる。

私がほんとうに私なら、何を選択する?
ほんとうにほしいものは何?
わたしが人生で創りだしたいものは何?

最後の問いかけって、いつも思うんですが、エゴへの最高の挑戦状なんだよね~!

バーズをすること。

私自身はバーズクラスを受けるにあたっては、一度もセッションを受けずになんとなく面白そう!だけで受講してしまったクチです。
とにかくごちゃごちゃ思考してしまう方だったし、それがもろもろの問題を創り出しているのは明白だったので。
おまけに色々調べてみたけど、結局よくわからなくて、まあいいか!みたいな感じでした。

実際にクラスを受けてから、バーズをしたりやってもらったりがはじまったわけです。
※正直実際にクラスを受けたとき、やるよりもやってもらうよりも、直感的にファシリテートしたくなったかんじでした。

バーズを受けると、単純によく眠れます。慣れればやってもらう、でなくやっていても眠くなるし、寝れるようになる。
寝て起きるとなんでかスッキリ。
分かりやすい時はすぐに目の前が明るくなる。
エナジーなるものがわかるかどうか、に焦点を当てる必要はないと思います。
が、だいたいはじめて受けてもやっても「あーなんとなく。。。」と皆さんおっしゃるので、エナジーも感じやすいきがします。

エネルギー的なワークは受ける人はたいてい気持ちいいものですが
やっている側もなんでかやっているだけでイイカンジがしてくる面白さがあります。
単にきもちがよい。やってあげなくちゃーみたいなものが本当にない。
本当にないし、やってあげなくちゃーになる必要がない。
そして、やるとスッキリします。

アクセス的には、受ける人もやる人も同じものを受け取っている、という感じ。
どれだけ受け取れるか!は受ける人とやる人、互いの意欲しだいでしょうか。受け取りたいと思えば、そのぶん。

そんなイイカンジ~となっている一方で、私たちを制限している色々なもの(ものの見方とか経験とかとか)をどんどん外していっているという。今まで物事をうまくいかせなかったもの、機能させなかったもの、今まで変えようもないと思い込んでいたものの見方も外れていきます。
これも、受ける人もやる人も双方に起こります。どちらかが制限が溶けてなくなる恩恵を受けるわけではないんです。

という訳で、バーズは受けるだけではなくやることにも十分いいことがある。
バーズしたい!というのには、受けたいだけじゃなくて、やってあげたいがある。

だから、できるようになったら、ギフレシ会とよばれるやりっこする会にどんどんいけばいいし
機会がなければ、家族に友達にどんどんやればいい。やるとスッキリします。
なんといっても、やってあげるだけで自分が受け取れるので。
(でも受けたくもなるけどね!)

バーズを知らない家族や友達にイチイチなんであるかを説明しなくてもいいと思います。
よく眠れる、スッキリするヘッドセラピー、というだけでも常に脳みそが疲弊している現代人にとって
「これよりいいことってどんなこと?」
ってかんじ。

もし新年に新しいなにかを望むなら、今までかわらなかった何かを変えようと思うなら
念だけで変えろ!かわれ!えい!はちょっと難しいと思う。
何もせずに変わるなら、新しい年を待たずに、とっくに変わっている。

変化を呼び込む何か、にバーズという選択肢はとってもおもしろいぜ!と
改めて思うド年末の今日この頃でございました。

アクセス・バーズクラス参加者さまから感想頂きました。

アクセス・バーズクラスの参加者さまからのご感想、その3です。

Lさんは普段は外資系企業にお勤めの国内外を飛び回るスーパービジネスウーマン。
難しい専門的な内容も秒殺解決する、スーパーコンピューターみたいな彼女の頭にもバーズはバリバリランしてました。

ご家族にもどんどんランしてください~。
ありがとうございました!

======
アクセスバーズの体験がとてもよかったので、YUKICHIさんからぜひ受講をしたいと思い、今回受講することができました。
アクセスバーズの成り立ちや背景などをよく知らないまま参加したのですが、テキストに沿って進みながらも、解説が具体的でわかりやすく、明日からすぐ使えるような工夫をいろいろと教えてもらえたのがとてもよかったです。

また、午後は実習の機会を多く作ってもらい、初めてでもとにかく手を動かして実際に体験しながら進めることができ、疑問や困ったことにもいろんな解決方法を提示してもらえたので、一日でぐんと理解が進んだ気がします。
他の受講者のかたもとてもわかりやすくて論理的とおっしゃっていましたし、私自身もYUKICHIさんから受講することができてとてもよかったと思います。
ありがとうございました。

C.Lさん 女性 東京都在住
======

★アクセス・バーズクラスの受講申込はこちらから。

2016年1月と2月のアクセスバーズ®クラス開催予定

2016年最初のバーズクラスは
1月23日土曜日 9:30~18:30 @横浜市港北区大倉山

2月は
2月21日日曜日⇒2月27日土曜日に変更しました。 
9:30~18:30 @横浜市港北区大倉山

になります。
今回開催にあたり、改めてバーズクラスへの案内を書いてみました!

★★★

「アクセス・バーズ®」は20年以上前に創始者ギャリ―・ダグラスによって生み出された、世界130か国に拡がる、人生のあらゆる側面(お金、仕事、健康、加齢、セクシャリティ、身体、夢、人間関係等)に大きな変化をもたらすリラクゼーション法です。
 頭部にある32のポイントに軽く触れるだけで、身体がリラックスし、同時に電気的な作用の発生により人生の様々な側面に定着した制限(信念や情報、過去、周囲の影響、前世の経験等)を外していきます。それは、パソコンの不要なデータ削除をするようなものです。
 講座ではバーズの習得はもちろん、アクセス・コンシャスネス®の基本ツールである「問いかけ」「マントラ」「クリアリング」を学びます。 「アクセス・バーズ®1DAY講座」はコンシャスネス(全ての気づきに開いた無限の可能性の状態)な生き方への導入クラスとも言えます。
 バーズを迎え入れるだけで、ツールを使うだけで、自分から制限がどんどんなくなっていくとしたら?
 今までより、もっと自由で楽しく、安らぎと喜びに満ちた人生がやってくるとしたら?
 それは、今まで思ってもみなかった、そして忘れていた「自分自身との出会い」かもしれません!

 アクセス・コンシャスネス®の世界観はとてもシンプルです。そして、アクセス・バーズ®やツールは老若男女問わずできる、簡単で毎日のなかで実践しやすいものばかりです。
 今までがどうであろうとも、(過去の)囚われにアプローチし制限を外す一方で、今と未来を無限の可能性からつくりだしていきます。

 1日37,000円の受講料をどう捉えるかは人それぞれです。……でも

 行きたかったあの場所に旅行に行ったかのように、自分自身がハッピーになる時間をすごし、同時に一生使える「魔法の杖」を手に入れられるとしたら?
 その杖を使うたびに毎日がどんどん軽やかに変化していくことを実感できるとしたら?
 自分がそのツールを使って軽やかになること、生きることが家族や友人への貢献になるとしたら?(もちろん最高によく眠れるヘッドセラピーとして大切な人や周りの人にバーズをやってあげることができます!)

 無駄に悩んで、楽しい人生の流れを押し留めるのはもうおしまいです。一緒にアクセスの世界を楽しんでみませんか?

barstext
↑テキストのおしゃしん。

★★★

お申し込み、他日程のリクエストはこちら
バーズクラス参加者のみなさんの感想⇒その1その2その3