leadership以前。

昨晩、ある古いテレビ番組の録画を見ていました。というか、家族がみていたのでなんとなくみてました。
有名私立大学のMBAプログラムの授業風景。テーマはリーダーシップ。

リーダーシップのパターンとして、日本のメーカーで成果を出したリーダーシップと海外のIT企業で成果を出したリーダーシップの2つを提示していました。

比較をしながら様々な分析を行い、受講生たちがいろんな意見を交わすのですけど
発言を見聞きしていて気になったのは

みんな自分の成長にしか興味がないっぽい。。。。というところ。

たぶん、そこそこの学費を払って、そこそこの能力がある人たちが受講していると思われ、発言もなんだか賢そう。
しかしどの人も自分の成長やら拡大やらにつながるかが視点になっている。

テーマの問題もあるし、先生の問いかけ方が
自身をその立場に置いたならばどっちが好きかとか
どっちのリーダーシップをとりたいか、
みたいな話も多かったから
自分自分になるのは若干仕方がないのだけど

部下にたいしても自分のための部下って感じだし
リーダーシップというものが自分の拡大ツールってかんじだし
うーん、こういう人たちがMBAとか受けて、ビジネスリーダーになるのかと若干なんだかもやもやしました。

番組のつくり方もあるかもしれないけどね、とにかく気になった。

そもそもリーダーってなんだっけ、っていう。

サーバント型だろうが、独裁者型だろうが
正直スタイルなんてどうでもいいんだけど
リーダーってなんだっけね。

じゃあ、既存のリーダーと言われる人たちはどうかというと
やっぱり自己拡大にしか興味がない人っているので
仕方ないというか人間だしなあ、といういつものオチに。

リーダーじゃなくてもフツウに暮らしていても
自分だけ自分だけ!という考えには限界があるのに
下手に人やらエネルギーやらが集まるリーダーと言われるひとが
自分自分のままでいるのは、結構あぶないよねえ。